一般社団法人 えがお相続相談室

〒108-0074 東京都港区高輪3-24-21DK品川ビル2階 FAX:03-6721-9929

無料相談はこちら 0368254939 0368254939
メール相談する

遺言書の作成について

遺言書とは?

遺産の相続をスムーズに行い、相続人の間でトラブルが起きないようにするためには、遺言書は欠かすことのできないものです。
遺言書の内容は、原則として法律で定められた相続の規定よりも、優先されることになります。(ただし、遺留分という制限が設けられています。)

遺言書は作っておいた方がいいの?

遺言者の単独の意思表示で、法定相続のルールにとらわれず自分の財産を自分の意思で誰にどのように残すかなどを決めることができます。
ただし、遺言方式は民法の定める方式に従わなければならず、それに反すれば無効となります。

(1)遺言書を作成するメリット

  1. 法定相続分と異なる割合や相続人の指定で相続させることができる
  2. 法定相続人以外の人に相続させることができる。
    相続権のない内縁の妻、世話になった人などに財産を残すことができます。
  3. 相続紛争の予防となり、相続手続きがスムーズになる。
    被相続人の財産をすべて把握することは容易ではありませんので、遺言書があることで労力を省くことができます。
  4. 付言事項でメッセージを残せる

(2)遺言の方式

  1. 自筆証書遺言 遺言者が遺言の全文・日付・氏名を自書し、これに押印する事によって成立する遺言である。作成時の証人は不要。
  2. 公正証書遺言
    遺言者が遺言の内容を公証人に伝え、公証人がこれを筆記して公正証書による遺言書を作成する遺言である。証人2人以上の立会いが必要。
自筆証書遺言 公正証書遺言
メリット
  • ・手軽でいつでもどこでも書ける
  • ・費用が抑えられる
  • ・遺言書を書いた事を秘密にできる
  • ・書き直すことが容易である
  • ・原本が公証役場に保管されるので、
    偽造や破棄の心配がない
  • ・家庭裁判所での検認手続が不要
  • ・証拠能力が高い
  • ・口述ができる
デメリット
  • ・形式の不備で無効になる可能性がある
  • ・紛失や偽造、破棄の可能性がある
  • ・保管の問題
  • ・家庭裁判所での検認手続が必要
  • ・公証人への費用がかかる
  • ・証人が必要

遺言書を作成しておいた方がいいケース

  1. 子供がいない夫婦
  2. 夫婦共に、又は一方が再婚している場合
  3. 特定の相続人に財産を多く分配したい場合
  4. 相続人への財産の分配をあらかじめ指定したい場合
  5. 内縁の妻(夫)に財産を残したい場合
  6. 相続権のない孫や兄弟姉妹、息子の嫁に財産を残したい場合
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP