一般社団法人 えがお相続相談室

〒108-0074 東京都港区高輪3-24-21DK品川ビル2階 FAX:03-6721-9929

無料相談はこちら 0368254939 0368254939
メール相談する

遺言・葬儀

遺言で財産をもらう人が亡くなった時

  • 2014.12.09
  • カテゴリー: 遺言

おはようございます、横倉です。

 

今日は遺言書のお話。

 

images (1)

 

遺言はあくまで遺言者がなくなった時点で、法的効力が生じますので、

 

 

法的効力が生じた時点で受遺者(遺言書で財産を受けた人)がすでに亡くなっていれば遺言書に書かれた遺贈内容は無効となります。

 

 

ということは、その遺産は法定相続人全員のもの(つまり遺言書がないと同じ)になるのです。

 

 

このような事態を防ぐためにも予備的遺言が必要だという話は、以前ブログで司法書士の宮川先生よりあったと思います。

 

 

 

また遺言者が亡くなった後で、受遺者が亡くなることもあります。

 

 

その場合はどうなるでしょう。

 

 

結論からすると、遺言は遺言者が亡くなった時に効力が生じますので、いったん受遺者に遺贈がされ、受遺者の相続人に移ることになります。

 

 

亡くなった時期によって変わってしまう相続、必ずしも寿命通りにいくものではありませんので色々気をつける必要がありますね。

 

 

 

相続対策のご相談は「えがお相続相談室」まで

〒108-0074 東京都港区高輪3-24-21DK品川ビル2階
TEL:03-6825-4939 FAX:03-6721-9929
MAIL:support@souzoku-ts.org
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP