一般社団法人 えがお相続相談室

〒108-0074 東京都港区高輪3-24-21DK品川ビル2階 FAX:03-6721-9929

無料相談はこちら 0368254939 0368254939
メール相談する

不動産・建築

ファミリーオフィスのカンファレンス

  • 2014.10.30
  • カテゴリー: 不動産

ファミリーオフィスのカンファレンスに海外に3日間行って来ました。幾つか発見がありましたので、それをご紹介します。

 

 

ファミリーオフィスで堅固な経済力を守る

ファミリーオフィスで堅固な経済力を守る

 
ファミリーオフィスのカンファレンスではファミリーオフィスと言って、家族や親族の資産を運用する財団の代表取締役や財務責任者が多く参加しました。

 
私は、シンガポールの財団の方や、マレーシアの王族関係者の方や、プランテーション経営者で資産運用をされている方、香港在住のヨーロッパの資産家の方々30名前後と会う事が出来ました。(運用額は最低100億という感じです。)

 
30分程の1対1の面談を15回程行う合間にセミナーもあり、その中で最も印象に残っているのが、11歳の小学生を連れてきたオーストラリア人のファミリーの話でした。

 
そのオーストラリアのファミリーはイギリス出身の5代続くファミリーだという事ですが、11歳の子供がお金の事に関して仕込まれていると言うか、その哲学を仕込まれている事に驚きました。

 
質問者が、「あなたにとって何が大切ですか?」という質問に対して一番は「家族」と答えて、では2番目はと聞くと「友達」と答えて、3番目はと聞くと「コミュニティーに貢献する事と」答えました。

 
ではお金を運用して稼ぐのは何番目ですかと聞くと他に幾つかのコメントを挟んでかなり後ろに位置しました。

 
小学5年生の子供に学校を休ませても、大人のそれもファミリーオフィスの会合に連れてくるという事にも驚きましたが、お金にぶらされない哲学を小学生低学年から叩き込まされてきたんだと思います。

 
翻って日本の家庭ではどうでしょうか?学校の科目は勉強しろ、勉強しろと詰め込むかもしれませんが、「お金をどの様に活かして生きていくのか」そんな事を親が教えている家庭はどれほどあるのかと考えさせられました。

 

 

質問者が最後に「500万円を今人からもらったらどうしますか?」という意地悪な質問には「慈善団体に寄付します」と答えました。また寄付するのみならずボランティアをしてコミュニティーに貢献したいとの事でした。

 

 

良き市民として社会に貢献する人になる事を非常に小さいうちから叩き込む、欲やお金に目が眩まない教育をするから騙されない、知恵を使って親族でも争わない。騙されたり、争わないから富が永続する。(もちろん大人になったら濁りや狡さが出てくるでしょう。ただ、それも克服する「哲学」を叩き込めばかなり違うのではと思います。)

 

 

そんな欧米のファミリーオフィスの真髄を垣間見れた気がします。

相続対策のご相談は「えがお相続相談室」まで

〒108-0074 東京都港区高輪3-24-21DK品川ビル2階
TEL:03-6825-4939 FAX:03-6721-9929
MAIL:support@souzoku-ts.org
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP